きものの着用機会と通過儀礼

人生の中できものを着用する機会はたくさんあります。
今はその風習は七五三や成人式くらいとなってしまいましたが、
実は、私たち日本人は人生の通過儀礼ごとにきものを着ていました。
そして、きものにはきちんとした『意味』が込められていたのです。

ご自身の通過儀礼、日本人としてきもので迎えるのはいかがでしょうか。

    <参考文献>PR現代 著 『だいじなこと、ちゃんときちんと。』